実測によるランキング

平成元年に行われた巨樹調査の結果をホームページに掲載させていただいていますが、
これは全国の市町村などに委託し計測されたものです。したがって計測の方法もまちまちで、
厳密に言うと本来のデータとはどうも隔たりがあるようなんです。明らかに根の部分を計測して
いるものも多数見受けられるのも事実です。
したがって、一人の人物=私が今まで実測してきたデータを基に、公平な立場のTOP20を
公表したいと思います。(賛否両論あると思います。蒲生のクスなどは大いに悩みました。)


1位

 北金ヶ沢の大イチョウ

 幹 周    20.8m

 青森県指定天然記念物

 青森県西津軽郡深浦町 

気根の発達が著しく計測は困難を極めたが、どう計っても20mを越える大きさ。私としては日本一の巨樹と断言したいところ。


2位

本庄の大クス

幹周  19.2m

国指定天然記念物

福岡県築上郡築城町本庄 大楠神社

クスの中では最大の幹周となるのであろうか。顕著な根上がりはなく、素直に1.3m上の太さを計ることが出来る。半身を火災により失っているが、これがなければさらに太い幹周を誇っていただろうと想像される。


3位

隠家の森

18.8m

国指定天然記念物

福岡県朝倉郡朝倉町大字山田字恵蘇宿

このクスの場合は文句なしの幹まわりである。杉などと同じ条件での計測であった。


4位

衣掛の森

幹周  18.38m 

国指定天然記念物

福岡県粕屋郡宇美町宇美八幡宮境内

日本でも最古に属するであろう大クスの一本。もう活力は感じられないが、その存在感は圧倒的。


5位

阿豆佐和気神社の大クス

幹周 18.25m

国指定天然記念物

静岡県熱海市熱海字木宮、阿豆佐和気神社境内

本州最大の大クス。西側の幹はすでに枯れてしまっているが、東株は健全そのもの。合体木の可能性もあるが、両株の全周の数値がこの値。


6位

蒲生の大クス

幹周 18.2m
特別天然記念物
鹿児島県姶良郡蒲生町八幡神社境内

悩みに悩んだ末の決断。やはり24mを計
測した部分は根上がり部分と判断した。
1.3m地点では、根のうねりの部分であ
るため、水平に近い部分も存在する。
そのため計測の度に違う数値となり、正確な
太さは導き出せない。ある程度幹が立ち上
がった部分の計測で18.2mを計測した
ため、この数値を採用。環境庁のマニュアル
でも根上がりの時は、根上がり部分より
1.3m上を計測とあるので、それよりも好
条件での計測としたが、この数値となった
次第。

 


6位

花背の天然伏条台杉

幹周 18.2m

京都府指定天然記念物

京都府京都市左京区花背

完全な一本の幹ではないので取捨に悩んだが、もとは一本の杉であることに間違いないので、ランクインさせた。


 8位

千本カツラ (鳥海町)

幹周 17.6m

秋田県指定天然記念物

秋田県由利郡鳥海町大栗沢字内通

カツラは株立ちとなることが多い。
この木も株立ちではあるが、各株が
成長し、お互いに癒着している為、
1本の株であると判断しランクイン
させた。ただ単純に全周を計るので
あれば、さらに大きなカツラも
数多く存在する。


9位

志布志の大クス

幹周 17.2m

国指定天然記念物

鹿児島県囎唹郡志布志町安楽寺

この木もある程度の根上がりがあるようで
あるが、そのままの数値を採用。素直に
はかれるので、環境庁の数値との差
10cmは、数年分の成長ともとれそう。


10位

大谷のクス

幹周 17.1m

国指定天然記念物

高知県須崎市多ノ郷大谷、須賀神社

この木は複雑な形態をしており、計測にも手間取った。しかし計測結果を見て感動。環境庁の計測値と全く一緒。


 |  戻る  | 11位〜20位


 Copyright(C) 2001 Hiroshi Takahashi All rights reserved