Yoshiaki Sano様から送っていただきました写真です。


 
下合瀬の大桂

場所は佐賀県富士町下合瀬(カーナビにありました)

カーナビで
33°26′22″
130°15′47″
看板には全国2位
ヒコバエ25本
W:19m
H:34m
神木として崇めており、以前はしめ縄がしてあったそうです。
(山陰なのでASA400でないと撮影不可でした。)

 

 
 
隠家の森
 

台風で大きい枝が折れたそうですが、

現在は勢力を回復、元気そうでした。
場所は朝倉の3連水車から近い恵蘇宿です。
カーナビによれば
 33°21′44″
130°45′22″で筑後川のそばです。
 

 

 

本庄の大楠

本庄の大楠は10月13.14日福岡県築城町で第1回「巨木サミット」開催時撮影

場所はJR築城駅から山手へ5〜6Km
上城井小学校そば。
当日宇美町・武雄市・椎葉村・福井県武生市などから参加。村田佳寿子先生の基調講演がありました。
樹木医宇佐美先生談
「大火後、土や肥料などでかなり、勢力を回復した。」
来年は宮崎県の上椎葉村で開催されます。

 

 

 

 

名称  :山蔵(ヤマゾウ)のイチイガシ
順位  :本によれば4位(環境庁7位)
所在地:大分県安心院町の東約5km
狭い土地に風雪に耐えてイバッタように生えていました
年数を経た樹皮の貫禄がすごかったです。
14.10.12日撮影 普通のレンズで全体の撮影ができません

 


 

 

寒水(そうず)のムクノキ
 樹高:15m  幹周り:8.4m
  全国第7位
 所在地/大分県宇佐郡安心院(あじむ)町寒水
ルート : (県)安心院ー湯布院線で安心院を南下約9km 撮影:14.10.12
人家の守り神のように、人家のソバにそそり立っている。
もう1本ムクの大木があったが枯れたとのこと
トラック1台の土を入れ、元気をだした由
谷間や向こうの山々を見下ろす斜面に立っており、大きい実がなり、樹形が綺麗です
 

 


 

 

大杵(おおごしゃ)の大杉
 樹高:38m  幹周り:10.9m 根周り:13.3m
国指定天然記念物 大分県1位の杉
所在地/大分県湯布院町川南
    131°21′41″
     31°14′57″
 撮影:14.10.12夕方
 由布院駅南約1km 大杵神社内にある。
 道が細いので、車は下の大通りに駐車が良い
 南に高い山があり、少し暗く、樹精は旺盛
 樹齢1000年以上とありますが、不明(看板参照)

 



| top投稿のページtop |