18位

古屋敷の千本カツラ

軽米町指定天然記念物

岩手県九戸郡軽米町古屋敷

幹 周   15.33m

樹 高      25m

樹齢   推定600年

      

環境調査で日本最大のカツラとされた木。ご存知の方も多いと思うが、カツラは水を好む木で、ほとんどが湿地帯や沢沿いにあり、例に漏れずこの木も沢沿いにある。もう主幹は朽ち果て、ヒコバエの成長によって成り立っている状態。おそらく洪水で根が洗われたのであろう、根が高く露出し、滑り台のようにスロープを形作っており、この木の最大の特徴となっている。