2位

阿豆佐和気神社の大クス

国指定天然記念物

静岡県熱海市熱海木宮 阿豆佐和気神社境内

幹周   23.90m

樹高   20.0m

 

東海道新幹線を大阪方面へと下り、熱海の駅を過ぎたら右の窓にこんもりとした森が見えてくる。この森の一番奥に主のように聳えているのが、日本で2位にランクされる阿豆佐和気神社の大クスである。
一本の木ということであるが、やはり2株の合体木であると思われる。東側の株は健全であるが、西側の株はすでに材木化しており、枯死状態のようである。
実測の値は、残念ながら幹周も20mを下回り、18m強といったところであった。しかし、九州、四国以外では最大のクスであることに変わりはない。
もともと東海地方には、クスの自生はないと言われているが、九州地方と並んで、伊豆半島周辺はクスノキの生育に最も適した場所といえそうである。