渡原の大栃








渡原の大栃
 
指 定 平村指定天然記念物
指定年月日 1988年6月10日
所在地 富山県東礪波郡平村渡原
幹 周 8.0m
樹 高 20m
樹 齢 300年以上
解説板 樹名板
樹勢等 優良 大枝枯損も健全
特記事項  
幹周(実測) 7.35m
樹高(実測) 36m
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★     下車後徒歩5分ほど
撮影日 2003年9月19日

大崩沢のトチノキの情報を得て現地へと向かったが、真新しい公共の温泉があるのみでトチノキの姿はどこにもない。所在を従業員の方に聞いてみると、対岸の渡原に大きなトチがあるという。
さっそく渡原へと向かったのはいうまでもない。
対岸の大崩沢が名前の通りガレ場に近い状態であるのに対し、渡原はとても湿潤なしっとりとした空気の場所であった。
山中にあるものと決め込んでいたのだが、実際には人家の近くにあり労せずに行けたのは幸いであった。トチノキに最も近い家の奥さんが木の根元まで案内してくださり、大変恐縮してしまった。
トチノキは緩やかな斜面に立っており、樹の周囲の樹は伐採してあるが、ほぼ自然のままの状態に保たれている。根元付近の土壌は常に水を含んだ湿地帯のようでもあった。
根元には無数のトチの実が落ちており、実際撮影中にも絶え間なく上から落ちてくるので気が気ではない撮影であった。
ここまで健全なトチの巨樹は珍しく、渡原がいかに自然豊かな地であるか知れるであろうか。
帰り際にお礼の挨拶をしに行くと、カボチャのお土産までいただいてしまった。現在ではわずか三軒が残るのみの集落渡原。いつまでも忘れられない樹と集落となった。
何時までもこの豊かな自然とともに残ってほしい集落であった。

東海北陸地方トチノキ一覧全国トチノキ一覧HOME |