健男霜凝日子神社のトチノキ



健男霜凝日子神社のトチノキ

竹田市指定天然記念物
昭和48年指定
大分県直入郡荻町大字新藤

幹周    7.2m
樹高     38m
樹齢 推定500年

竹田市南部の宮崎、熊本県境に近い神原にあるトチノキの巨樹で、九州では数少ない貴重なトチノキである。
祖母山北麓の神原は、神原川が作り出したすり鉢状の盆地で、そのすり鉢の底にあるのが健男
霜凝日子神社で、祖母山山頂にある本宮の里宮であるという。この小さな集落になぜこんな神社が・・・・と思わせるような壮大な神社である。
トチノキは九州では最大と目される巨樹で、神社の入り口に小首を傾げるような格好で立っていた。
樹高は40mちかい堂々とした樹で、迫力充分な姿をしている。



九州トチノキ一覧全国トチノキ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.