こがのき







こがのき
 
指 定 長浜町指定天然記念物
指定年月日 1971年3月30日
所在地 愛媛県喜多郡長浜町豊茂
幹 周 9.5m                 ※1
樹 高 15m
樹 齢 300年以上              
解説板 樹名板あり
樹勢等 大枝枯損、空洞あり
特記事項  
幹周(実測) 6.4m
樹高(実測) 11m
撮影日 2004年3月14日

「こがのき」と呼ばれているが、カゴノキの呼び名が訛って「こがのき」と呼ばれることとなったのであろうか。
埼玉にあるカゴノキも、カノコギなどと呼ばれていたりと、あまり見られない樹種だけに、本来の呼び名で呼ばれないのは可哀想でもある。
豊茂にカゴノキのあることは資料で知っていたが、現地に赴き地元の方々に聞いても、その存在がまったくわからないでいた。
ところが、三島神社のイチョウを見た帰りの道路脇に偶然発見してしまった。残念ながらほとんど野放しのような状況で、樹の方もお世辞にも素晴らしいとは言えない姿。
さすがにクスノキ科の樹だけあって、これだけの痛みを抱えながらも大きく枝を張っている樹勢には、お見事という他にない。

※1 環境省資料による


近畿・中国・四国タブ一覧全国タブ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2004. All rights reserved.