ウィルソン株

胸高周囲    13学者ウィルソ
環境省 林野庁 鹿児島県
 

旅日記へ 全国の巨樹 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

全国巨樹巨木林の会、九州観察ツアー報告

良く3月11日。
天気は抜けるような青空の中、篠栗町の若杉山の散策となります。
ここは数年前、縄文杉クラスの大杉が相次いで発見されたところで、駐車場から2時間ほどの散策で会えることからも注目を浴びています。


登山道入口では、福岡県の会員んである佐野氏から、注意や解説を受けてから山に入りました。
しばらくは急坂の連続であえぎながら登りますが、ほどなくすると綾杉が登場します。

巨大スギとはいえないかも知れませんが、節くれ立った幹の迫力は凄まじく、若杉山に入った者を監視しているかのようにも見えて来ます。
ここからは傾斜も緩やかとなり、皆さん談笑しながらの登山となります。

やがて行く手には七又杉が現れ、解説板の詳細とはかけ離れた数値に非難囂々・・・ではありました。
そしてこの山の主、「大和杉」に到着します。

幹は数本に別れて成長していますが、DNA鑑定したところ、一本から分かれて成長したものと判断が下されたらしく、したがって樹齢も相当なものだと考えられそうです。

ここで集合写真を一枚パチリ!

ここからは下りとなり、ジャレ杉から二又杉を経由して、駐車場まで降りていきます。

ジャレ杉は傷んだ姿ながらも、その太さはやはり圧巻。
大和杉とは又違った存在感を感じます。

この周辺は雪が残っており、転倒しそうになる人も続出。
バスの運転手が完全にツアー参加者と化しており、その運転手さんが道を切り開いてくれたりと大活躍です。

山を下りるとちょうど昼時となっていました。
篠栗町の名店で、ちょっと贅沢な昼食をいただきます。

午後からは宇美八幡へと遠征です。

宇美八幡では宮司さん自らが案内役を引き受けてくださり、いろいろと解説をしていただきます。

そして許可をいただき、「湯蓋の森」「衣掛の森」両巨頭の幹周計測を行わせていただきました。
宮司さん、ご無理言って申し訳ありませんでした。

この重量感、もう何も言うことはありません。
ティラノサウルスか何かを見ているような錯覚に陥るようでした。

湯蓋の森も、やはり素晴らしいクスノキです。

宇美八幡の境内を一時間かけてゆっくり回り、ほぼ定刻通りに福岡空港に向け出発です。
八割方の方が九州以外からご参加ですから、空港到着が最大の難関でした。
空港への道は少々渋滞はしたものの、ほぼ定刻に空港到着。

その後博多駅で無事解散となりました。

自分は、終わったあとの虚脱感があるだろうと考え、もう一泊福岡に滞在することを選択しておりました。
その考えは正解だったようで、この日の晩は死ぬようにぐっすりと寝ることができました。

全国巨樹・巨木林の会で初めての地方での観察ツアー。
ほぼ問題も無しに無事終了することができました。第四回の観察ツアーは青森での開催が濃厚で、2008年7月上旬の予定です。
会員さん以外の方もご参加できますので、是非とも巨樹・巨木林の会のホームページをチェックなさってみてください。
ホームページは こちら です。
入会も随時受け付けておりますので、連絡を頂けましたなら幸いです。

 

前日 戻る