御仏供杉
国指定天然記念物
昭和13年8月8日指定

御仏供杉は樹齢660年余、樹高18.7米、目廻り7.6米の大樹で、その樹形が仏様にお供えする「おぼくさま」のように見えることから 御仏供杉と呼ばれるようになりました。
別名「倒さ杉」と呼ばれるこの杉は、九州肥後の国に生まれられた大智禅師が幼い時に仏門に入り、 正中元年(1324)、11年の中国(当時は元の国)での修行を終えて帰朝され、翌年ここ吉野の山中にて祇陀院を開山されました。
元徳二年(1330)に菊地氏の願いを入れ肥後に向かうにあたり山ん寺から杖にしてこられた杉の小枝をさかさにして、「この木が根づいて繁茂すれば 、仏法盛んになるべし」と言われて、村人に別れを告げられ、以後村人は仏の木として大事にお守りし、今の大樹になったと伝えられています。
また、この木は梢が四方に根が張ったように見え、どの枝も下に垂れたように下り、又上を向いています。これが倒さ杉と言う名の起こりであります。

白山市
 

石川県の巨樹 全国 スギ一覧 東海北陸地方のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

御仏供杉






御仏供杉
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1938年8月8日 
所在地 石川県白山市下吉野
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項    
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2005年10月30日
 環境省値  解説板値 実測値
幹  周    7.2m    7.6m    8.2m
樹  高     24m   18.7m   19.0m
樹  齢      不明     660年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

国道157号線を金沢方面より南下して、旧吉野谷村に入ってすぐのところ。道脇に大きな公園が見えてくる。
その公園の奥に位置しているのが、この御仏供杉である。
台スギのようにも見えるが、おそらく雷などに撃たれ幹が折れ、そこから新たな幹が成長し、現在見られる姿になったのだと思われる。
公園はスギを見渡せるような格好で位置しており、芝生に座り、弁当を食べながら眺めるのも乙であろう。公園にはふるさと創生資金で建設されたトイレもあり、話の種にこの贅沢なトイレに寄るのも良いのではないだろうか・・・。



東海・北陸スギ一覧全国スギ一覧HOME |