福井県の巨樹 全国 スギ一覧 東海北陸地方のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

岩屋の大杉 (子持ち杉)





 

岩屋の大杉 (子持ち杉)
指 定 勝山市指定天然記念物
指定年月日 1966年10月26日 
所在地 福井県勝山市北郷町岩屋
解説板 あり          
樹勢等 良好
特記事項 5本の大きな幹に枝分かれ   
お勧め度 ★★★★★
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2005年10月29日
 環境省値 解説板値  実測値
幹  周   17.0m   16.0m   15.6m
樹  高     33m     30m     42m
樹  齢  300年以上  伝承1200年   推定800年
実測詳細 実測の幹周は横枝の上部を計測
横枝の下部を計測すると15.03mとなる。
 

今まで見てきた数多いスギの中で、最高の迫力であったことは間違いないであろう。
迫力だけで論じるならば、それこそ縄文杉以上の迫力と感じる方も多いのではないだろうか。かつては10数本の支幹に別れていたそうであるが、きっと壮大な樹形であったに違いないだろう。
上部から樹を見下ろすと、主幹が成長していたであろう空洞が大きく窪んでいる。下から見ても主幹だった位置が明確に分かるが、これで中心に聳えていたであろう主幹が残っていたならば、日本で最高のスギの称号を与えても良いような気がする。凄まじいスギがあったものである。
子持ち杉から続く歩道を進むと、飯盛杉が現れる。このスギもなかなかの大きさなのだが、如何せん子持ち杉が大きすぎ、隠れた存在となってしまったようだ。さらに進むと岩屋観音の由来となった岩屋が次々と現れる。本殿脇に再び戻ってくるので、スギを訪問の際には辿ってみるのも良いであろう。



東海・北陸スギ一覧全国スギ一覧HOME |