洞杉

富山県魚津市片貝
幹周
     11m
樹高      25m
樹齢  推定800年

魚津市街地から南へ約15km、片貝川沿いの林道に入ると同時に20匹ほどの猿が出迎えてくれた。遠くには立山連邦を望む風光明媚なところでもある。林道を走ること約15分、目の前に突然巨大なスギが現れる。日本海側独特の樹形を持ったウラスギと呼ばれるもので、富山では別名「立山杉」とも呼ばれる。
幹からは気根が垂れ下がり、根元には岩を抱き、普通のスギを見慣れた者にとってこれがスギだとは、にわかには信じがたい光景であろう。
先頃行われた環境省調査では、全国3位の幹周を持つスギとして一躍脚光を浴びた。
付近一帯は同様の形状をしたスギの群生地であり、何らかの保護対策を行ってほしいと願う。


東海・北陸スギ一覧全国スギ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003-2005. All rights reserved.