市指定天然記念物 加蘇山神社の杉(三本)

所在 鹿沼市上久我3440
指定 昭和59年2月14日
登山口右側 樹高 約51m 胸高幹周 約6.4m 樹容 双幹 推定樹令 約500年
登拝門手前 樹高 約46m 胸高幹周 約8.8m 樹容 双幹 推定樹令 800年以上
登拝門手前 樹高 約52m 胸高幹周 約6.1m 樹容 一本立ち 推定樹令 約500年

鹿沼市の市木ともなっている杉は、日本特産で、常緑の高木、小さな鎌状の葉は密に枝につき、雌雄同株で、花は早春に咲く。 多くの品種が有り、全国的に栽培され、用材として我が国の主要な樹木となっている。
この加蘇山神社の杉三本の内一本は本殿への階段登口右側にあり双幹になっている。また残る二本は、本殿脇の奥社登拝門手前左右にあり、 一本立ち及び双幹になっており、その双幹の杉は「子宝の杉」ともよばれ、子宝にめぐまれない人がその皮を身につけると子宝に恵まれるといわれている。 いずれの杉も全国的にみても遜色のない大木である。

昭和60年3月 鹿沼市教育委員会 

栃木県の巨樹 全国 スギ一覧 関東甲信越のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

加蘇山神社の杉





加蘇山神社の杉
指 定 鹿沼市指定天然記念物
指定年月日 1984年2月14日 
所在地 栃木県鹿沼市久我3440
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項  
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2001年5月5日
 環境省値  解説板値 実測値
幹  周   8.24m   8.80m   9.02m
樹  高     45m     46m   
樹  齢      不明    800年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

鹿沼市内の北西、約15kmのあたりにある加蘇山神社。
この加蘇山神社の境内に数多くの巨大なスギが群生しており、その中でも特に大きなものが3本が鹿沼市の天然記念物に指定されている。下の写真の合体木が幹周り最大で、その幹周りは9mを越え、重量感豊かな姿をしている。上の写真のスギは幹周6.4mであるが、樹高は51mとされている。
見通しが効かないため樹高の測定はできなかったのだが、解説板の数値を信じるならば50mを越える、全国のスギの中にあっても第一級の高さを誇っている。
これらのスギの間を抜け、石裂山への登山道を30分ほど行くと、加蘇山の大かつらに出会うことができる。
訪問したのはちょうど大型連休の最中、山奥にもかかわらず大勢の参拝客で賑わっていた。



関東・甲信越スギ一覧全国スギ一覧HOME |