花鳥山一本杉





花鳥山一本杉
 
指 定 御坂・八代町指定天然記念物
指定年月日 1994年3月31日 
所在地 山梨県東八代郡御坂町竹居花鳥山
幹 周 8.3m                 ※1
樹 高 40m
樹 齢 300年以上             
解説板 あり  詳細を見る
樹勢等 健全
特記事項 二本の合体木 
幹周(実測) 8.1m
樹高(実測) 25m 
撮影日 1996年8月10日

八代町と御坂町の、ちょうど境界線上に乗るスギ。両町から町指定天然記念物とされるめずらしいものだ。
明らかな合体木で大小二本のスギからなり、斜面下にあるスギの方がやや大きい。このスギは上方にあるスギの重みに耐えるためか根元が異常に肥大し、どっしりとした重量感に溢れる。離れて眺めると、お互いのバランスが絶妙で、なかなかまとまった樹形である。
甲府盆地に突き出した尾根上先端部に成長するため、盆地方向からは良く目立つため、花鳥山の一本杉として呼ばれるようになったといわれる。
根元周辺は公園として整備されており、桜なども多数植えられ非常に気持ちの良い環境であった。春には桃の花と桜の開花で大いに賑わうことであろう。

※1 環境省調査による


関東・中部スギ一覧全国スギ一覧HOME |

 

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2004. All rights reserved.