岩倉の乳房杉





岩倉の乳房杉

島根県指定天然記念物
昭和40年5月21日指定
島根県隠岐郡布施村岩倉

幹 周    9.6m
樹 高     38m
樹 齢 伝承800年

島の西部、西郷町から布施村に抜ける山道を行き、峠を越すとすぐにその姿を見ることが出来る。
太さでは縄文杉と比べるまでもないが、その存在感は日本一の杉と断言しても良いだろう。何から何まで常識を逸脱した杉である。
イチョウなどにはごく普通に見られる”気根”が20本以上ぶら下がっており、その奇態ぶりには驚かされる。気根が生育している杉も10数本知っているが、ここまで大きく成長しているものを私は他には知らない。
島後で最後の火山活動である、大満寺山の溶岩流の上に生育しているため、根元の状況は溶岩のガレキで条件が最悪である。周辺に生育する杉にも根上がりしている物が何本か見受けられるため、近年地滑りを起こしたものであろうか。この木も地上数mの所が、昔は根だったのかも知れない。そういった地形的な影響と、気候などの条件に適応した結果、現在見られる樹形にいたったのであろう。
現在でも大きな気根からは、梅雨時には先端部より小根状の根を出すそうである。
このスギを見るだけでも、隠岐に行く価値は十二分にあると思われます。


中国・四国スギ一覧全国スギ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.