千ヶ瀬神社のシイノキ






千ヶ瀬神社のシイノキ
 
指 定 青梅市指定天然記念物
指定年月日 1956年5月25日
所在地 東京都青梅市千ヶ瀬2−117
幹 周 5.6m                      ※1
樹 高 15m                  ※2
樹 齢 200〜299年             ※2
解説板 あり              詳細を見る
樹勢等 ほぼ健全な姿
特記事項 樹種 スダジイ 
幹周(実測) −m
樹高(実測) −m
撮影日 2005年4月1日

青梅街道と奥多摩街道が交差するあたり、ちょうど青梅国際マラソンのスタート地点の崖下にあるのが千ヶ瀬神社。この神社の裏山に大きな樹冠を広げているのが千ヶ瀬神社のシイノキだ。
神社の起源は千年にも及ぶといい、そのときに植えられたものであろうと解説板にもあるが、それはちょっと行き過ぎであろう。せいぜい300年前後と考えたいところだ。
おそらく合体木で、環境省の報告は主幹が4.7mとの報告である。すぐ裏手に交通量の多い道が通っているのが気がかりだが、現在のところ樹勢は問題ない様子である。

※1 現地解説板による


関東・中部シイ一覧全国シイ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2005. All rights reserved.