山形県置賜地方のサクラ

山形県長井市、白鷹町にかけてエドヒガンの古木が集中的に見られます。地元では、置賜サクラ回廊と命名し、保存に乗り出しています。
これだけ数多くのエドヒガンの古木が集中的に存在しているのは、日本中を探してもここだけで、貴重な存在といえます。


伊佐沢の久保桜

国指定天然記念物

山形県長井市伊佐沢

 幹周   9.0m

 樹高   16.0m

 樹齢   伝承1200年

木のまわりには木道を巡らし、360度どこからでも鑑賞できるように整備されている。90年当時より木道があったので、日本で最初に木道を設置した木であろう。その後、福島の杉沢の大杉、新潟三川の将軍杉など、名だたる木が木道を採用しているので、長井市の巨樹保護に対する先見の明があったといえよう。その甲斐あってか、1000年以上時を経た木とは思えないほど、元気な姿である。

 

草岡の桜

 長井市指定天然記念物

 山形県長井市草岡

 幹 周     10.91m

 樹 高     17.0m

 樹 齢     約1200年

久保桜とともに東北地方を代表するサクラである。幹周、樹齢など久保桜と拮抗する。こちらは個人宅の裏庭にあり、白い花を咲かせる。環境庁の調査では、サクラの部で2位となっており、その重量感ある幹には圧倒される。

白兎のしだれ桜

 長井市指定天然記念物

 幹 周   3.26m 

 樹 高   12.0m         

長井市北西部、白兎葉山神社にあるしだれ桜の古木。


薬師サクラ

 山形県指定天然記念物

 山形県西置賜郡白鷹町

 幹 周   8.0m

 樹 高   15.0m

 樹 齢   約800年

 

 

この木もまわりに木道を配しており、大切にされているのがわかる。今年訪問したとき、心ない観光客に樹皮が無惨にも剥ぎ取られ、”エドヒガン桜保存増殖会”の金田聖夫さんが、金網にて応急処置をしておられる最中だった。樹木医とも相談して、これからの保護方法を考えるとのこと。この木の種子から育てた苗木の育成にも力を入れていくそうである。

釜の越桜

 町指定天然記念物

 山形県白鷹町高玉

 幹周   4.0m

 樹齢   伝承300年

東側から見ると雄大な樹形を誇る。幹周も実測では6.11mもあり、置賜回廊の中で、もっとも勢いの盛んなエドヒガンの一本。


子守堂の桜

 白鷹町指定天然記念物

 幹 周   7.0m

 樹 高   19.0m

 樹 齢  伝承1000年

白鷹町を見下ろせる小高い丘の上にある。幹は空洞化し、樹勢は決して良くはないが、けなげに花を付けている。


殿入桜

 白鷹町指定天然記念物

 幹 周 6.6m

 樹 齢 680年

西に面した山腹上にあり、周囲を公園化して保護している。見るからに立地の良さそうな条件であり、花の量も多い。訪問時、残念ながら、もう葉桜であった。


  
 | top |


 Copyright(C) 2002 Hiroshi Takahashi All rights reserved