■ 天城山太郎杉

静岡県伊豆市湯ヶ島 湯ヶ島国有林109林班ほ1小班

幹周   9.73m
樹高     48m
樹齢   400年(推定)

 

          データはすべて公表されている数値です
 
       詳細データは全国巨樹MAP天城の太郎杉」へ

伊豆半島を代表するスギの一本で、樹形、樹高とも日本を代表するスギの一本と言えるであろう。
樹齢は400年と言われており、条件さえ整えば400年程度でスギはここまで大きくなる見本のようなものであろう。
このスギは根元から見るよりも、下の道路から見上げるのが一番で、スギの巨木らしい樹形を満喫した方が良いだろう。
福島の「杉沢の大杉」も素晴らしいスギであるが、このスギは何処にでも見られるスギをそのまま大きくした姿で、ほとんど成長を阻害するものがない環境で育ったのであろう。
梢の先端もいまだ鋭角で、まだまだ成長期のまっただ中である。


 ご案内

● 国道136,414号線を南下し、道の駅天城越えの先、滑沢渓谷入り口より右折する。
 そこから約2kmほど、渓谷沿いのダートを進むと太郎杉に到着する。
根元までの歩道は付いているが、基本的には立ち入り禁止である。
太郎杉があれば、次郎杉もあるだろう・・・・
その通りで、次郎杉は東伊豆町に存在し、同じくこちらも森の巨人たち100選に選定されている。
付近は天城山中の緑豊かな森林地帯で、天城いのしし村、八丁池、シラヌタの池、おばけ杉など、見どころ満載である。


 

森の巨人たち100選  北海道  東北  関東・甲信越  東海・北陸  近畿  中国・四国  九州  日本の巨樹・巨木  全国の巨樹  樹種別一覧