■ ヒノキ 

岐阜県大野郡荘川村大字六厩字軽岡 
軽岡国有林123林班の小班

幹周   7.67m
樹高     24m
樹齢   200年(推定)

 

           データはすべて公表されている数値です
     詳細データは全国巨樹MAP「軽岡国有林のヒノキ」

森の巨人たち100選に選ばれたヒメコマツとほぼ隣り合う形で立っているのが、このヒノキだ。
森の巨人たち100選では、もっとも接近して位置する2本である。
周辺一帯は造林地であるが、ヒメコマツとヒノキの周辺だけ伐採から逃れることができたのには、何か理由があったのであろうか。
根元は土が流されていまい、根が高く露出し空洞化しており、根の太さの割に幹は細く感じる。
尾根沿いにはヒノキやミズナラなどの巨木が立ち並び、もっとも太いミズナラは100選に選ばれた樹たちよりもはるかに趣がある素晴らしい巨樹である。



 ご案内


荘川インターで高速を降り、国道158号線を高山方面へ約8kmほど進むと旧道の分かれ道がある。そこを旧道に入り、新軽岡峠の頂上まで1.5kmほど進む。
頂上からは林道が通じているが、入り口が閉鎖されている可能性もあり、また通行できたとしても落石が非常に多い林道であるため、車では到達できない可能性が高いことを考えておくべきだろう。
林道は比較的フラットで、坂が少なく徒歩で訪れてもそれほどの苦労はせずにすみそうだ。
林道入り口からヒノキ・ヒメコマツまで、徒歩1時間弱といったところだが、景色が良く、さほど苦にはならない行程だろう。

ヒノキがある個所には、林道沿いに案内板が立っているので、それに従い森の中に分け入る。
森の中に入ると同時に目の前にはヒノキが現れる。ヒメコマツはそこから100mも離れておらず、左手の坂を下った所に立っている。

 


 

森の巨人たち100選  北海道  東北  関東・甲信越  東海・北陸  近畿  中国・四国  九州  日本の巨樹・巨木  全国の巨樹  樹種別一覧