■ 薬研のクリ大木

青森県下北郡大畑町葉色山国有林164林班い3小班

幹周   7.80m
樹高     27m
樹齢    800年(推定)

 

           データはすべて公表されている数値です
 
       詳細データは全国巨樹MAP薬研のクリ大木」へ

下北半島の北部、ちょうど恐山から北へ下った薬研温泉の地にあるクリの大木。
見る方向によって様々な表情を見せてくれる樹であるが、一本に見える方向からの姿はまさに巨樹の風格、迫力がある。
かつては鉄道の枕木などに流用され、大経木のほとんどは伐採されてしまったが、林道がすぐ間近を通る環境のもと、よくぞここまでの大木が残ったものである。
樹勢は必ずしも良好とは言えず、一部枯れた枝なども目立つが、全国でも最大級のクリのたたずまいには感動させられるであろう。
森の巨人たち100選に選定されたとはいえ、周辺はほとんど手つかずの原生林。クリのすぐ脇まで森林が続き、撮影するには非常に困難を極めた。
なにせ樹の周囲2〜3mほどしか空間がないのである。国土緑化推進機構では現在も募金を募っているので、あるいは道も整備されているのかもしれない。
アクセスは比較的容易であるが、樹そのものの全容を見るにはかなりの困難が伴うであろう。



 ご案内

かなり不便な地にあるので、公共交通よりもマイカー、レンタカーなどを利用されることをおすすめする。
JRの本数が一日10本、さらにバスに2度乗り換え後徒歩数十分では効率が悪くなってしまう。が、薬研温泉に一泊するつもりであれば、それもまた楽しい行程にはなるであろう。

マイカーでは薬研温泉を目指すとよいだろう。
薬研温泉入り口の釜ノ沢橋
を渡ると、すぐに薬研野営場への道があり、これを右折する。野営場を過ぎしばらく行くと、右に折れる林道があるのでこれを進む。
かつては悪路であり、車では樹の側まではたどり着くことはできなかったが、現在ではきっと道も整備されていることであろう。
 
薬研温泉まで来たのなら、恐山に行かない手はない。
噴火の歴史こそ無いが、れっきとした活火山で、現在もカルデラ湖である宇曾利山湖畔にはもうもうと噴気が上がっている。噴気口の周辺には色とりどりの風車が寂しげに回り、まるで三途の川の光景を見ている錯覚に陥る。恐山霊場内に沸くひなびた温泉に浸かるのも良いだろうか。
薬研温泉は露天風呂で一躍有名になった地でもある。かっぱの湯と呼ばれる露天風呂は24時間入ることが可能で、無料なのがうれしい。が、混浴なので心の準備だけはしておくように・・・・。




 

森の巨人たち100選  北海道  東北  関東・甲信越  東海・北陸  近畿  中国・四国  九州  日本の巨樹・巨木  全国の巨樹  樹種別一覧