■ 大鰐の神木 ( ドロノキ )

青森県南津軽郡大鰐町大字居土字三ツ目内山国有林43林班イ小班

幹周    4.4m
樹高     34m
樹齢    300年(推定)

 
           データはすべて公表されている数値です
             詳細は全国巨樹MAP「大鰐の神木」へ

ドロノキと言われてもピンと来ない方が多いだろうが、北海道や東北ではポピュラーな木である。ドロヤナギと言った方が分かりやすいのだろうか。
この木は、環境省のデータベースからは報告が漏れてしまっているが、全国5番目の大きさとなるドロノキだ。
さすが陽樹だけのことはあり、三ツ目内川の河原で、陽を一杯に受けながら立つ様は、付近の森の王者の風格がある。
特に目立った損傷もなく、自由気ままに枝を伸ばしている姿は、見ていても気持ちが良い。

 

2006年の夏には、同じ青森県内で仙人橋のドロヤナギと呼ばれる、とてつもないドロノキが発見されてしまったので、100選にこだわらずに追加指定などの対策を考えて欲しいところである。




 ご案内

● JR利用であれば、大鰐駅より高野新田行きのバス(一日8往復ほど)で終点高野新田下車。
そこから約3kmの徒歩となる。
マイカーであれば、国道7号線の宿川原付近から南に折れ、宿川原大橋を渡り道なりに高野新田に向かう。
集落を過ぎると心細い田圃脇の砂利道となるが、そのまま進むと林道然とした道に変わる。
集落から3kmほどの地点あたりで、右手に駐車スペースとドロノキが見えてくる。
入り口には目立った案内板など無いので、通り過ぎないように注意が必要だ。

大鰐と言えば温泉だろう。
大鰐で一泊し、ドロノキに訪れるのも良いだろう。
また、秋田県境にかけて、鄙びた温泉が数多く残っており、余裕があればこれらの温泉を訪問するのもお勧めだ。
    


 

森の巨人たち100選  北海道  東北  関東・甲信越  東海・北陸  近畿  中国・四国  九州  日本の巨樹・巨木  全国の巨樹  樹種別一覧