■ あがりこ大王

秋田県由利郡象潟町横岡字中島台国有林68林班と小班

幹周   7.62m
樹高     25m
樹齢    300年(推定)

 

           データはすべて公表されている数値です
 
         詳細データは全国巨樹MAPあがりこ大王」へ

鳥海山北麓の中島台レクリエーションの森内にあるブナの巨樹。
鳥海山麓のブナ林は最近とみに注目されるようになってきたが、そのほとんどは「あがりこ」と呼ばれる人手の入ったブナ林である。
中には古代ブナと呼ばれる貴重なブナも生育し、点在する湖沼にはマリモも見られる時代の流れから取り残された桃源郷のよう。
おそらく東鳥海山崩壊による岩屑なだれによって、ある程度進化していた環境がリセットされた結果であろうか。
あがりことは、地上から上がったところから子が出ているという意味を表しており、かつて人により伐採され、その部分から新たな芽が吹き成長していったものであろう。よく奇形ブナといわれるようであるが、それはブナに対して失礼と思うのであるが・・・。


 

 ご案内

● 象潟から鳥海ブルーラインに入り、上郷小学校の交差点を左折し、1.5kmほど進み右折すると、あとは一本道。途中に中島台レクリエーションの森への案内板があるので迷わずに辿り着けるであろう。
駐車場も完備されており、心おきなく散策ができる。

駐車場から10分ほど木道を行くと分かれ道が現れる。これを右へ行くと溶岩末端から清冽な水が沸き出す遊水池が現れる。マリモや藻などが見られ、獅子ヶ鼻のメインスポットとなっている。
分かれ道を右へ終点まで行くと、そこにはあがりこ大王が控えている。

● もちろん付近のおすすめは鳥海山だ。
登山するも良し、矢島町から眺めるも良し、深田久弥が日本百名山で最初に持ってくるだけの素晴らしい山である。
中島台付近のスポットは、法体の滝
だろう。
鳥海山の溶岩末端から流れ落ちる滝は水量も豊富。
秋の紅葉は東北内でも第一級の観光スポットにもなりうる滝であろう。 


 

 

森の巨人たち100選  北海道  東北  関東・甲信越  東海・北陸  近畿  中国・四国  九州  日本の巨樹・巨木  全国の巨樹  樹種別一覧