■ 鬼杉

福岡県田川郡添田町英彦山字彦山2番英彦山国有林68林班ろ小班

幹周   12.4m
樹高     38m
樹齢    1200年(推定)

 
       データはすべて
林野庁か公表されている数値です
             詳細は全国巨樹MAP「英彦山の鬼杉」へ

九州内においては、古くより最も著名であったスギの一本であろう。かつては60m以上の樹高を誇っていたと聞くが、現在は先端部分が折れてしまい38mにとどまっている。周囲のスギからひときわ抜きん出ていたであろう昔の姿を想像すると、何とも惜しいことをしたものだとの思いがよぎる。
直幹高く聳えたち、節くれ立ったその姿は、現在でも存在感があり迫力充分な姿で、参詣者、登山者からは畏敬の念で迎えられている。

かねてより訪ねてみたいスギであったが、いつも時間が合わずに断念していたスギだった。今回の取材では、前夜のうちに彦山集落の寺院境内で一夜を過ごし、夜明けと共に鬼杉めざし山道を歩き始め、初めて対面することができた。




 ご案内

● 国道500号線を英彦山に向かい、ちょうどしゃくなげ荘の地点より登山となる。
そこより約4〜50分ほどで、鬼杉の待つ平坦面に達することができる。

英彦山は全国に名だたる修験の地、鬼杉を見たならば、是非とも山頂へもトライしたいところ。
下山後には、しゃくなげ荘で温泉というのも魅力である。
付近には森の巨人たち100選に選定されたスギが多く、行者杉若杉山へ足を伸ばすのも良いだろう。
行者杉は気軽に、若杉山はそこそこ山歩きに自信のある方にお勧めである。
        


 

森の巨人たち100選  北海道  東北  関東・甲信越  東海・北陸  近畿  中国・四国  九州  日本の巨樹・巨木  全国の巨樹  樹種別一覧