■ 昭和の森のクリ

北海道江別市西野幌野幌国有林42林班ほ小班
 幹周   4.50m
 樹高     18m
 樹齢    800年
 

          データはすべて公表されている数値です
 
      詳細データは全国巨樹MAP昭和の森のクリ」へ

昭和の森は野幌原生林に隣接する形で広がっていますが、付近まで市街地が伸び つつあります。
付近一帯は公園として保護されており、これからも開発に晒されることはないと思われます。
クリは道路より100mほど奥まったところに立っており、見事な直幹のクリで、幹のねじれ具合が絶妙で、思わず自然の作り出す芸術に感動をもらいます。
これだけの直幹のクリの巨樹、よくぞ伐採されずに残っていたものです。
江別市は石狩平野のまっただ中。普段クリといえば植栽されているもの以外は山地で多く目にしますが、ここは完全な平地の中です。本州各地にあるクリとは条件が違いすぎたがゆえ、この見事にまでまっすぐなクリの木が育てられたのかも知れません。
付近はクリの自生北限地帯であるとも言われており、貴重なクリの巨樹といえそうです。



 ご案内

● 
鉄道でのアクセスはJR北海道野幌駅からタクシー利用。約8km乗車のち、徒歩5分。

江別市街地から道道46号線を南へ500mほど進むと野幌小学校が見えてきます。 
小学校からさらに500mほど進んで右折、途中の登満別駐車場まで一本道で約1.2km。
駐車場に車を置き、さらに500m進むとクリへの案内板が設置されています。徒歩で2〜3分ほど行くとクリの雄姿が目の前に広がります。

クリの巨樹としては素晴らしく雄大な樹形を持っています。樹皮のねじれ具合は見ていて愉快になってくるほどの素晴らしさです。


 

森の巨人たち100選  北海道  東北  関東・甲信越  東海・北陸  近畿  中国・四国  九州  日本の巨樹・巨木  全国の巨樹  樹種別一覧