■ 千本シナ

北海道枝幸郡中頓別町敏音知国有林94林班は小班

幹周   6.6m
樹高    19m
樹齢   100年〜200年(推定)

 

           データはすべて公表されている数値です

国道275号線沿いにある道の駅。この道の駅の東のはずれから敏音知岳(704m)への登山道を約20分強。足腰の弱い方でも約30分あれば分けなく到達できるであろう。それほど整備された登山道である。登山道が狭くなり一息入れようかと思う頃、目の前に現れるのが千本シナの巨体

林野庁の森の巨人たち100選に名前を連ねてから世に知られるところとなったが、全国的に見てもシナの巨木は数が少なく、貴重な存在といえるであろう。
カツラのような樹形で、細いヒコバエが成長して現在見られる樹形となったのであろうか。
枯れ枝が多く、樹勢が今一盛んでないのが気にかかるところだ。




 
 ご案内

● 音威子府の町から国道275号線に入り北上。
天北峠を越えると視界にピンネシリの山々が見えてくる。このピンネシリ岳の裾野上に道の駅ピンネシリがある。音威子府からは26km地点となる。
ここに車を停め、登山道を約30分弱で登山道脇に忽然と現れる。
登山の装備は必要ないであろうが、念には念を入れておくことをお勧めする。

またピンネシリ山頂からの展望は素晴らしく、利尻富士はもちろんのこと、天気の良い日には遠くサハリンまで見えることがあるそうだ。

音威子府には天仰の松というイチイの名木があるが、数年前の大雨により林道が破壊され車での訪問はできないままとなっているが、林道が整備されたのであればお薦めの樹だ。


 

森の巨人たち100選  北海道  東北  関東・甲信越  東海・北陸  近畿  中国・四国  九州  日本の巨樹・巨木  全国の巨樹  樹種別一覧