郷土記念物(四本杉)

昭和54年2月13日指定 名称 四本杉
兵庫県告示第334号
所在地 多紀郡笹山町辻字鶴沢

この四本杉は古くから「鎮守の森」として人々から親しまれいまでは「稲荷の森」として神木になっています。
胸高周八.九米 枝張り東西約二五.二米 南北約一八.五米の巨木であり、 各々の幹は約三十米の樹高である
この四本杉のような樹形はきわめて珍しく、また老樹巨幹でありながら樹勢も旺盛であるので、今後末長く県民に親しまれることを期待し郷土記念物に指定された。

篠山町

愛知県の巨樹 全国 クス一覧 東海・北陸のクス 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

清田の大クス




 

清田の大クス
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1929年12月17日 
所在地 愛知県蒲郡市清田町下荒屋
幹 周 14.3m                ※1
樹 高 22m
樹 齢 1000年
解説板 あり                
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項    
幹周(実測) 11.9m
樹高(実測) 26m
お勧め度 ★★☆☆☆ 
到達難易度 ★★    下車後徒歩10分
撮影日 2001年12月29日

蒲郡駅より北に約3kmのところ、町並みが途切れはじめ、ミカン畑が広がる中にひときわ大きな樹冠が見えてくる。
この樹冠こそが中部地方屈指の大クス、清田の大クスである。

掲示板によると、かつてはクスの巨樹が並び立つ鬱蒼とした森のようであったが、現在ではこの一本のみが残され、他にクスの姿は見られないのは少々残念だ。
根元は小さな公園風の作りとなっていて、近所の方々の憩いの場にもなっているようだが、周囲のミカン畑のために全容を見渡せる場所は無い。樹勢は旺盛で、枝の折損も少ないようだ。

かつて地元の有識者の方々によって幹周の再計測が行われ、それまでの11.8mから一挙に14.3mになってしまったが、私の計測では当時の記録の方が正確であるようだった。

根元の状況を見ると、どうも土盛りがしてあるようで、実際にはさらに大きなクスであることを伺い知ることができる。
市街地化の波がこのクスの間際まで押し寄せてきているが、いつまでも元気な姿を見せていてほしいものだ。

※1 環境省資料による

中部・北陸クス一覧全国クス一覧HOME |