上穂北のクス

 国指定天然記念物

 指定年月日 昭和26年6月9日

南方神社の境内にそびえる上穂北のクスは、根廻り二十二メートル・樹廻り 十一.五メートル・高さ四十二メートルの巨木で、推定樹齢1000年と言われている。
 永年、歴史の流れを見つめてきた樹勢旺盛なこの古木は都萬神社境内の大楠とともに天然記念物として指定を受けている。

            平成四年十一月二十五日
            西都市教育委員会

宮崎県の巨樹 全国 クス一覧 九州のクス 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

上穂北のクス





上穂北のクス
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1951年6月9日 
所在地 宮崎県西都市南方、南方神社境内
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項    
お勧め度 ★★☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2005年10月29日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周      −   11.5m   13.6m
樹  高          42m     28m
樹  齢        1000年   
実測詳細 1996年に地上1.3m部分を計測  

西都市東部、219号線の西都原古墳群の北端あたりに位置するクスの巨樹。
平地のまっただ中に成長するクスノキで、根張りの雄大さは特筆ものである。樹形はスマートな印象を受け、太さを感じさせないが計測すると13mオーバーの値をはじき出した。
どこまでが根で、どこからが幹かの判断が難しいところであるが、蒲生の大クスも根回りを計測しているのだから問題はないものと考えたいところであるが・・・
スマートゆえ樹高が高く見えるが、実際には他のクスたちと変わりはない値であった。
不思議なことに環境省の調査から漏れてしまっており、近いうちに私が登録しようと考えている。
樹勢はすこぶる旺盛で、さらなる成長が見込めそうである。
ここから3kmほど離れたところに妻の大クスがあるが、こちらは火災にやられてしまい生命の危機に瀕している。



九州クス一覧全国クス一覧HOME |