平山天満宮の大クス 







平山天満宮の大クス
 
指 定 福岡県指定天然記念物
指定年月日 1956年7月28日
所在地 福岡県宗像市横山
幹 周 8.2m                 ※1
樹 高 26.5m
樹 齢 推定400年              
解説板 あり
樹勢等 良好
特記事項  
幹周(実測) 8.7m
樹高(実測) 22m
撮影日 2004年3月20日

宗像市のもっとも東、中間市と接するあたりの平山集落にある大クス。市街地が延び、近くまで住宅地化が進んでいるが、神社の境内に一歩足を踏み入れると、そこはもう緑に囲まれた別世界である。
鳥居をくぐると、右手に巨大なクスの幹が見えてくる。下から見上げる形になるので、まずその迫力に度肝を抜かれる事となる。
樹齢は1000年ともいわれているようだが、4〜500年といったところであろうか。根元から2株に分かれて成長しており、その繁茂面積は実に広大である。鬱蒼と繁る社叢林とあいまって、神聖な雰囲気のするクスである。

※1 現地解説板による


九州クス一覧全国クス一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2005. All rights reserved.