志々島の大クス





志々島の大クス
 
指 定 香川県指定天然記念物
指定年月日 1970年4月28日
所在地 香川県三豊郡詫間町志々島172 利益院
幹 周 14m                  ※1
樹 高 40m
樹 齢 1200年                
解説板 あり              
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項  
幹周(実測) 11.6m
樹高(実測) 28m
撮影日 1997年7月24日

まだ、あまり知られていない楠の巨樹である。詫間町役場前からの定期船で約20分ほどのところ。地元の人以外に滅多に訪れることのない静かな島である。過疎化が進み、現在では50名ほどが住むのどかな島でもある。
港から古い町並みを抜け、いきなりの急坂。15分ほどでピークを越え下り坂に入ると、すぐに右手に大クスが見えてくる。昔からの環境が、そのまま保たれており、手入れも十分に行き届いている。かつて地滑りがこの木を飲み込んだといわれ、根元付近は今でも当時のままの状態であるという。根元から枝分かれする奇妙な樹形の謎が解けたようだ。もちろん樹勢も申し分なし。眼下には瀬戸内海が広がる風光明媚な所にある。

※1 環境省調査による


中国・四国クス一覧全国クス一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2005. All rights reserved.