市野々の大クリ





市野々の大クリ
指 定 軽米町指定天然記念物
指定年月日 1993年12月27日 
所在地 岩手県九戸郡軽米町市野々17-89-6
幹 周 6.55m                ※1
樹 高 14.6m
樹 齢 650年   
解説板 あり
樹勢等 樹勢はやや翳りが見られる
特記事項   
幹周(実測) 6.67m
樹高(実測) 16m
おすすめ度 ★★★★★ 
到達難易度           下車後3分ほど
撮影日 2001年6月18日

訪問するのには、かなり不便な地にあるクリの巨樹。
軽米町役場からは約15kmほどで、車でたっぷりと30分はかかるだろうか。395号線の屋敷集落から折れ、小玉川沿いに約3kmほどさかのぼると市野々集落にたどり着く。
集落の裏手の斜面にどっかりと根をおろしているのがこのクリだ。
周囲を古い木製の柵で囲んではいるが、もう朽ち果てかけており、根元の状況もなるがままの状態だ。しかし、この状態も悪くはないと私は考えているのだが。町指定の文化財となった勢いで、管理するも良し、今のままでも良しである。
かつては日本有数のクリとして知られた存在であったが、相次ぐクリの巨樹発見が続いたため、現在では全国で8位相当までランクを落としている。しかしその古木然とした姿、迫力、雰囲気はクリの中でも最もすぐれたものであろう。
訪問するにはかなりの時間を要するが、それ以上の満足感を与えてくれるクリだと断言しておこう。

※1 現地解説板による

東北クリ一覧全国クリ一覧HOME