県指定天然記念物
指定 昭和45年12月12日
所有者 吉仲八百彦
大洞のクリ


目通り周囲 5.8メートル
高さ 17.5メートル
推定樹齢 800年
幹にはウラガリシダが寄生している
里伝によれば、昔木曽の国から旗揚げした源義仲が 平家の大群を打ち破って京都に上がったものの源頼朝の怒りに触れ、江州粟津に於て多数の家臣とともに討死し木曽の残党 今井四郎兼平の女房一族を連れて此の地へ逃げ逃れたときに植えたものと言われる。
此の地を中心に益田郡内に今井の姓が多い
 

岐阜県の巨樹 全国の巨樹 クリ一覧 東海北陸のクリ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

大洞のクリ









大洞のクリ
指 定 岐阜県指定天然記念物
指定年月日 1970年12月12日 
所在地 岐阜県益田郡小坂町大洞中重
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 大きな空洞があるも樹勢は旺盛   
お勧め度 ★★☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2003年9月17日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周    5.8m    5.8m   5.86m
樹  高   17.5m   17.5m     14m
樹  齢     800年     800年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

小坂町の中心部、国道41号線を折れて南東へ約10km。
もう長野県境に近い最奥の集落、中重地区にあるクリの巨樹。
落合のトチと同様、道を歩いている方に聞いても「知らない」の連続。しかたなく自分の勘に頼りうろうろしていると、小さな標識を発見。地元の方にすれば話題にすら上らない存在なのかも知れない。
想像通り根元付近は荒れ放題で、ほとんど整備がなされていない状態。ほとんど訪問者もないようである。
最近クリの巨樹発見が続き、この木を上回るクリが数本発見されたが、それでもこのクリの価値が下がるわけではなく、全国的にも有数な一本であろう。
東側には幹上部にまで達した空洞があるが、ほとんど樹勢には影響を及ぼしてはいない。
帰り際に上を通る道路から見下ろすと、大量の毬栗が付いており、老いてますます盛んの印象がぴったりとくるクリであった。
現在クリの直上に棚田が作られており、2004年より使用されるようであり、良い影響を及ぼしてくれることを期待したい。



東海北陸クリ一覧全国クリ一覧HOME |