天子のケヤキ






天子のケヤキ
 
指 定 福島県緑の文化財
指定年月日  
所在地 福島県耶麻郡猪苗代町本町 天子神社
幹 周 15.4m                ※1
樹 高 27m
樹 齢 伝承1000年
解説板 なし
樹勢等 大枝枯損、空洞
特記事項  
幹周(実測) 14.4m
樹高(実測)  
撮影日 2002年4月23日

残念ながらご覧のような状態で立っており、外周の5割ほどがすでに朽ちた状態で、樹皮だけで生命を保っている状態。大きさでも、風格でも、山形県東根の大ケヤキにはるかに及ばない。
空洞が大きく開き、幹は完全に二分されており、大きい幹の太さが10mほど。分断された二幹の全周を測ると14.4mという結果であった。
キリスト教の信仰とも関連があるらしく、バテレンさんのケヤキとも呼ばれているそうである。また、天司のケヤキの名もあるという。
周辺は住宅街にもかかわらず、ケヤキの大木が民家の軒先に生長しており、かつてはケヤキの森であったと想像される。
町中を散策すると、思いもよらぬケヤキとの出会いがありそうだ。

※1 環境省資料による


東北ケヤキ一覧全国ケヤキ一覧HOME |