水神様の大ケヤキ

樹高二十一.二m 樹幹周囲八.二m樹齢は不明だがケヤキの大樹としては希有のものであるとして、昭和三十年県の天然記念物に指定される。
昔から水神様の千年木として地域住民に崇拝され、根元から湧出する泉はまだ一度も渇水したことはないが、道路の拡張などで 一度は地下に埋設になった。地域住民はこの泉を水神様と呼び大切にして守りそして代々受け継いできた経緯から再び蘇り現在に至っている。
 口伝によると、坂上田村麻呂が隣町二ツ井町七座の蝦夷を平定し、更に藤琴川を逆上って逃げる敵を追って味方の群を進めた折り、 このケヤキのそばに座り、泉の美味を褒め讃えたという。
 太平洋戦争の末期、海軍が船舶の用材として供用されようとしたが、当時の兵事係が別の大樹に案内して難を免れた。
 

秋田県の巨樹 全国の巨樹 ケヤキ一覧 関東甲信越のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

水神様の大ケヤキ



水神様の大ケヤキ
指 定 秋田県指定天然記念物
指定年月日 1955年1月24日 
所在地 秋田県山本郡藤里町大沢字向山下86−1
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項    
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2006年5月26日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   8.10m   8.20m   9.10m
樹  高     25m   21.2m   31.5m
樹  齢   300年以上     不明   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

藤里町最南部の大沢集落にあるケヤキの巨樹。
現在は廃校になった小学校前の水神様境内に佇んでいる。
町中に存在するのだが、ケヤキの周囲は柵で覆われており、人の出入りがほとんど無いために根元はバッキャ(フキ)などが群生し、一種独特の雰囲気がある。
また繁茂が旺盛のため、根元は薄暗く不気味ですらある。
傾斜地にあるため、下方の根張りが大きく発達している。
上方に伸びる枝が少ないが、20m付近までの葉の付き具合は良好である。
五城目町、大仙市にあるケヤキと共に、秋田では最大クラスのケヤキであろう。



東北ケヤキ一覧全国ケヤキ一覧HOME |