白鳥神社のケヤキ(縄文ケヤキ)
 
指 定 村田町指定天然記念物
指定年月日 1969年12月22日
所在地 宮城県柴田郡村田町七小路
幹 周 7.4m                ※1
樹 高 40m
樹 齢 300年以上
解説板 あり
樹勢等 大枝枯損
特記事項  
幹周(実測) 8.0m
樹高(実測)
撮影日 1996年10月10日

白鳥神社の創建は西暦53年。ヤマトタケルが東征したときからのもので、長い歴史を誇る。境内には蛇藤、イチョウ、スギ、シラカシなど古木が生い茂り、中でももっとも大きなものがこのケヤキである。訪問時は樹名板のみであったが、現在は名前も付いたそうである。その名も「縄文けやき」だとか。

※1 環境省資料による


東北ケヤキ一覧全国ケヤキ一覧HOME |