東根の大ケヤキ

この地は、正平2年(1347)、小田島長義が築いた東根城(小田島城)の本丸跡にあたる。
その昔、「雄槻」「雌槻」と呼ばれた二本の大槻があったが、明治18年雄槻が枯れてしまい、雌槻だけ現在に残っている。
これが「東根の大ケヤキ」である。
山形県立林業試験場長大津正英氏(農学博士)によれば樹齢1500年以上で、地上1.2m の幹周は16mあり、さらに直径は5mである。主幹は、地上5.5mの高さで大きく二股に分かれ、西南側のものがやや直上して 枝を分け、東側も大きく三枝を分けて天空をおおい、その高さは約28mに達する。 
平成元年五月、植物学の権威者である金沢市の里見信生氏が大相撲の番付表を模した「日本欅見立番付」を発表したが、 「東根の大ケヤキ」は東の横綱に位置し、名実ともに日本一である。

東根市教育委員会
昭和三二年九月一一日 国指定特別天然記念物
昭和六一年 山形新聞社・山形放送主催
「グリーン山形一一〇景」選定
平成2年6月 読売新聞社と国際は名とミドリの博覧会協会主催
「新・日本名木一〇〇選」選定
 

山形県の巨樹 全国の巨樹 ケヤキ一覧 東北のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

東根の大ケヤキ





東根の大ケヤキ
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1957年9月11日 
所在地 山形県東根市東根東根小学校
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 合体木の可能性も   
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2004年11月6日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   12.6m   7.27m   15.77m
樹  高     28m   38.5m     26m
樹  齢   300年以上    1500年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

日本一のケヤキとして拙書「日本の巨樹・巨木」の中でも取り上げていたが、2002年の環境省調査において、めでたく日本一のケヤキとして認定されたようだ。
樹形から二本のケヤキが合体したものであるらしく、葉の紅葉時期なども左右の株で微妙なずれがある。
かつては根元をアスファルトで覆ってしまい、樹勢が弱ってしまう事もあったようだが、現在では土壌改良や根元を通る道路の迂回、根元のアスファルトの撤去などあらゆる保護対策がなされており、樹勢もすこぶる良好。会いに行くたび樹勢が良くなっているように感じられるのは嬉しいかぎりだ。
東根小学校はかつての城跡で、明治初期までは20mほど離れたところに雄槻と呼ばれるもう一本の大ケヤキが存在していたのだが、残念ながら現在ではその姿を見ることは出来ない。現在見られるのは雌槻のほうであるという。



東北ケヤキ一覧全国ケヤキ一覧HOME |