前山寺参道並木のケヤキ



前山寺参道並木のケヤキ
 
指 定 上田市指定記念物 
指定年月日 1979年4月9日 
所在地 上田市大字前山字上神戸300
幹 周 6.75m (上)              
6.65m 
(下)            ※1
樹 高 20m (上)
18m 
(下)
樹 齢 350年                 ※2
解説板 あり             詳細を見る
樹勢等 空洞があるが良好
特記事項  
幹周(実測) 7.18m (上)
7.02m 
(下)
樹高(実測) ともに21m
撮影日 2005年5月20日

前山寺は弘法大師が開基したと伝えられる古刹。塩田平を一望する高台に建ち、鎌倉時代塩田北条氏の居城塩田城の鬼門にあたる。アジサイ(7月) フジ(5月) ボタン(5月) などの名所でもあり、常に参詣者の姿でにぎわっている。
ケヤキのある参道は塩田平から南麓の山に移行する地点にあり、木の生育にも最適なのであろう、かつてはマツの大木も数多かったようである。
ケヤキは幹が折れていたり、空洞が大きく口を開いていたりと必ずしも健全な姿ではないが、参道のアクセントとなり、樹下で記念撮影する観光客の姿も見かける。
それにしても塩田平付近はケヤキの生育には最適の地のようだ。

※1 環境省資料による
※2 現地解説板による 


関東・中部ケヤキ一覧全国ケヤキ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2005. All rights reserved.