龍光院のケヤキ




龍光院のケヤキ
 
指 定 上田市指定保存樹木 
指定年月日 1975年3月1日 
所在地 上田市大字前山東前山
幹 周 6.6m                 ※1
樹 高 26m
樹 齢 300年以上
解説板 あり              
樹勢等 良好
特記事項  
幹周(実測) 6.95m
樹高(実測) 27m
撮影日 2005年5月20日

宝珠山・曹洞宗龍光院は弘安5年(1282)塩田城主北条国時によって父義政公の菩提を弔うために建立された。
山門の脇にケヤキはそびえ、火災からも運良く逃れ、500年ともいわれる歴史の生き証人として今なお成長を続けている。
ケヤキのある山門から本堂までは約300mの登り坂。ここは車で登るのではなく、是非とも徒歩で石段を登ってみたい。
季節によっては素晴らしい藤棚が出迎えてくれることだろう。
龍光院では、事前に連絡しておけば山菜膳を用意してくれるといい、その評判も上々のようだ。

※1 環境省資料による


関東・中部ケヤキ一覧全国ケヤキ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2005. All rights reserved.