霊泉寺大欅



霊泉寺大欅
 
指 定 丸子町指定天然記念物 
指定年月日 1970年1月1日 
所在地 長野県小県郡丸子町平井字唐沢口2542
幹 周 9.4m                   ※1
樹 高 35m
樹 齢 伝承900年以上            ※2
解説板 あり             詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項  
幹周(実測) 8.35m
樹高(実測) 23m
お勧め度 ★★★★★
撮影日 2005年5月20日

前上田から松本に抜ける254号線から分かれ、内村川の支流霊泉寺川を1.5kmほど遡ったところにあるケヤキ。
霊泉寺は曹洞宗の寺院で、安和元年(968)に寺が建てられ、金堂の西方に温泉が湧出 したと伝えられる。効き目が素晴らしく、不 治の病も霧散の散るように治ったと言われ、霊泉寺温泉は数百年間寺湯であったのだそうだ。
大欅は唯一火災から難を逃れた不明門の脇にあり、傾斜地を石段に処理してしまっているため、少々窮屈な格好で立っている。
自然のままのスロープで残していたならば、どれだけ雄大な姿であったろうか。
全国ケヤキ10傑を選ぶならば、当然リストアップされるべきケヤキであろう。

※1 環境省資料による


関東・中部ケヤキ一覧全国ケヤキ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2005. All rights reserved.