鹿島神社のケヤキ 




鹿島神社のケヤキ
 
指 定 小川町指定天然記念物
指定年月日 1976年12月1日 
所在地 茨城県東茨城郡小川町下馬場530
幹 周 11.6m                ※1
樹 高 15m
樹 齢 500年
解説板 あり             詳細を見る
樹勢等 痛みが無く健全。根上がり傾向。
特記事項  
幹周(実測) 8.8m
樹高(実測) 24m
お勧め度 ★★☆☆☆
撮影日 2005年7月19日

環境省の調査に於いては茨城県内最大の巨樹とされているが、実際には根上がりのケヤキであったというところだろうか。
根上がりをしていると、どうしても本来の大きさとはかけ離れた数値が報告されてしまうので、こういった手合いのものは数多く存在する。
実際の大きさは9m弱といったところで、茨城県内の方からも鹿島神社のケヤキの大きさ、あれは間違いではないのか?などといった問い合わせも巨樹情報センターで実際に受けており、この8.8mという数値を報告して納得してもらった経緯もある。
さてケヤキであるが、根元の土が流されてしまって一種独特な印象を与えるケヤキである。樹勢は旺盛で、樹齢もまだ300年を少々越えたくらいの成長期のケヤキのようだ。
参道にも同時期に植えられたと思われるケヤキがあり、ケヤキの下で憩うドライバーたちに貴重な木陰を提供している。
鹿島神社本殿の脇には幹周り5.4mのスギがそびえ立ち、こちらが神木として役目をになっているようだ。

※1 環境省資料による


関東・中部ケヤキ一覧全国ケヤキ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2004-2005. All rights reserved.