郷土記念物(四本杉)

昭和54年2月13日指定 名称 四本杉
兵庫県告示第334号
所在地 多紀郡笹山町辻字鶴沢

この四本杉は古くから「鎮守の森」として人々から親しまれいまでは「稲荷の森」として神木になっています。
胸高周八.九米 枝張り東西約二五.二米 南北約一八.五米の巨木であり、 各々の幹は約三十米の樹高である
この四本杉のような樹形はきわめて珍しく、また老樹巨幹でありながら樹勢も旺盛であるので、今後末長く県民に親しまれることを期待し郷土記念物に指定された。

篠山町

岡山県の巨樹 全国の巨樹 ケヤキ一覧 中国・四国のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

寄水のケヤキ



 

寄水のケヤキ
指 定 美甘村指定天然記念物
指定年月日 1983年8月1日 
所在地 岡山県真庭郡美甘村寄水
幹 周 資料なし
樹 高 資料なし
樹 齢 不明
解説板 あり               
樹勢等 良好
特記事項 根本にはカタクリ、翁草が   
幹周(実測) 5.12m
樹高(実測) 25m
お勧め度 ☆☆☆☆ 
到達難易度 ★★  下車後5分
撮影日 2002年4月9日

半田のケヤキへ向かう途中の181号線、首切峠付近で出会ったケヤキである。
根元付近の損傷がひどく、樹木医による空洞や樹皮の剥がれなどの治療痕が少々痛々しく感じられる。
幹の途中から顔を出した根を塩ビパイプによって地面まで導き、活着させようという試みだが、結果が出るまでは10年ほどかかりそうである。脇を通る国道の築堤が影響しているのだろうか、道路側の梢はほとんど枯死状態で、人為的な原因も否定できないようである。

※1 現地解説板による

中国・四国ケヤキ一覧全国ケヤキ一覧HOME |