天然記念物 広誓院のカヤの木

所在地 甲西町湯沢一八二六番地
昭和四十四年十一月十三日 町指定
根廻り     十四.九〇メートル
根元周囲    六.三〇メートル
目通り      四.九〇メートル
第一枝下    三.五〇メートル
枝張り  北 一〇.三〇メートル
      東   九.六〇メートル
      南 一一.五〇メートル
      西 一五.四〇メートル

本樹は雌樹で、根張りが非常に良く地上四.〇メートルで四方へ枝を出し、主幹は上にのびず傘状を呈し 樹勢はきわめて旺盛である。同種のカヤの木では県下でも有数の大樹である。

平成元年三月

甲西町教育委員会
 

山梨県の巨樹 全国の巨樹 カヤ一覧 関東甲信越のカヤ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

広誓院のカヤの木





広誓院のカヤの木
指 定 南アルプス市指定天然記念物
指定年月日 1969年11月13日 
所在地 山梨県南アルプス市湯沢1826
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 雌株  
お勧め度 ★★☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2006年3月9日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周    4.5m    4.9m   
樹  高     12m     12m   
樹  齢   伝承500年   約500年   
実測詳細  

同じ町内にある湯沢の思いスギを探しているときに、偶然出会った雌株のカヤ。カヤの撃たれたのであろうか、まったくといって良いほど伸びずにいるが、左右に枝を大きく広げてカヤとしては珍しい樹形に属する。
現在では広誓院境内の前をバイパスが走り、昔の長閑な雰囲気は失われつつあるが、カヤの枝下に潜り混むと雰囲気は一変する。傘状に広がった枝に覆われ、一種独特の別世界が展開するのである。
このカヤから数百m離れたところに湯沢の思いスギがあるが、かつては自然豊かな山間の集落であったようだ。



関東甲信越カヤ一覧全国カヤ一覧HOME |