黒田のアカガシ





黒田のアカガシ
指 定 滋賀県指定天然記念物
指定年月日 1991年3月1日
所在地 滋賀県伊香郡木之本町黒田字大沢2381
幹 周 6.9m                  ※1
樹 高 15m
樹 齢 300〜400年             ※2
解説板 あり
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項  
幹周(実測) 6.6m
樹高(実測) 10.5m
撮影日 2002年3月22日

関西におけるカシの巨木として有名でもあり、訪問を楽しみにしていた樹の一本。余呉川の奥にひっそりと佇む沢田集落の裏手、竹林に取り囲まれるような格好でアカガシは立っていた。
なるほど威風堂々とした姿は名木の名に恥じない。かつて見たことのある写真よりも迫力が感じられないのは、周囲の木を伐採したからであろうか。
裏手にまわると印象が全く異なる。幹の中心は何も存在せず、空間を取り囲むようにC字形に湾曲した樹幹であるのだ。もしかしたら数本のアカガシの集合体なのかも知れないと考えたり、根元付近の土が流され、2mほど根が露出してしまった姿なのかも知れないと想像した。
ともあれ関西地区に於いては貴重なアカガシの一本。樹勢はまだまだ旺盛のようで、下から眺める姿の迫力は一級品だ。
解説板にある樹齢のとおり、まだまだ成長段階にある若いアカガシだ。

※1 環境省調査による
※2 現地解説板による


近畿・中国・四国 カシ一覧全国カシ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2005. All rights reserved.