極楽寺のアカガシ






極楽寺のアカガシ
 
指 定 廿日市市指定天然記念物
指定年月日 1994年12月16日
所在地 広島県廿日市市市原 極楽寺山
幹 周 7.7m                 ※1
樹 高 20m
樹 齢 推定500年
解説板 あり
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項  
幹周(実測) 7.9m
樹高(実測) 15m
撮影日 2002年4月10日

極楽寺社務所裏にある、中国地方有数のカシの巨木である。
駐車場から極楽寺まで気持ちのよい散策路を行くと、15分ほどで極楽寺の境内に出る。極楽寺は大杉やカシが林立する山上の寺院であった。
境内からは広島市の佐伯区方面の眺望が綺麗で、参詣者もその眺めに歓声を上げている。
残念な事にアカガシは思ったよりもこぢんまりとしていて、いくぶん樹勢も弱ってきているようだ。
近年境内にある大杉とともに、廿日市市の天然記念物に指定された。

※1 環境省調査による


中国・四国 カシ一覧全国カシ一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2006. All rights reserved.