銀南木の子安イチョウ

国指定天然記念物
青森県上北郡七戸町銀南木
幹周   12.2m
樹高   24.0m

この木も私のお気に入りの一本。初めて出会ったときは痛みが激しいと思ったが、現在では樹勢を回復しつつあるようだ。
枝が地面に垂れ、そこから新たな株として成長していく姿を見ることができる。
地元では独自の呼び名はなく、「イチョウの木」として呼んでいるそうだ。
ここで出会ったじいさんが面白いことを言っていた。「この木は乳が垂れてるから女だ。銀杏がなるのは玉があるから男なんだな〜」と。なるほど、新説だはんで。


BACK NEXT

 

Copyright(C) 2001Hiroshi Takahashi,All rights reserved