イチョウ    (銀杏 公孫樹) 

平安時代に日本に入ってきたものとされており、古いものでも約1000年くらいの樹齢であると想像されますが、どういうわけか中には2000年と表示されているものも見受けられます。
全国を眺めてみますと圧倒的に東北にイチョウの名木が多く、その中でもとりわけ青森に巨樹が多いのが大きな特徴点といえるでしょう。青森の気候風土がイチョウの生育にはもっとも適しているのかも知れません。
巨樹となっているもののほとんどは雄株で、銀杏に養分を消費されてしまう雌株はなかなか巨樹にはなりにくいといえるでしょう。その中でも去川のイチョウ、上日寺のイチョウは雌株の代表と言っていいのかもしれません。去川のイチョウにいたっては樹高でもイチョウの限界に近い40mを越える雄大な樹形を誇っています。
また、葉の上に銀杏がなるオハツキイチョウや、葉が円筒状になるラッパイチョウなど奇態も数多く、葉の形から広葉樹と考えられがちですが、分類上は針葉樹なのだそうです。
カヤが少なくなった現在は碁盤などにも利用され、イチョウのまな板は高級品として利用され、寿司屋などでも出されるまな板もイチョウが使われています。ただ、材には独特の匂いがあることはあまり知られていません。




関のイチョウ

宮田のイチョウ北

宮田のイチョウ南

老イチョウ

イチョウの木


高倉神社のイチョウ

銀杏木のイチョウ

杉ノ木のイチョウ

岩坂のイチョウ

天神様のイチョウ


子安イチョウ

北金ヶ沢のイチョウ

法量のイチョウ

岩館イチョウ

夫婦イチョウ


長泉寺のイチョウ

由豆佐売神社のイチョウ

苦竹のイチョウ

赤井のイチョウ

小谷のイチョウ


熊野堂のイチョウ

法龍寺の大イチョウ

関堀のイチョウ

高山不動のイチョウ

大国魂神社のイチョウ


切畑の乳イチョウ

西生寺のイチョウ

下土狩のイチョウ

本国寺オハツキ

神戸のイチョウ


飛騨国分寺のイチョウ

上日寺のイチョウ

ちちの木

菩提寺のイチョウ

観音堂のイチョウ


作用のイチョウ

乳下りイチョウ

倉田八幡の大イチョウ

上有福のイチョウ

西御門のイチョウ


乳出しのイチョウ

上名のイチョウ

川筋のイチョウ

平石の乳イチョウ

乳保神社のイチョウ


西椎谷のイチョウ

有田の大イチョウ

滴水のイチョウ

下ノ城のイチョウ

去川のイチョウ


松尾のイチョウ


top


(C) Hiroshi Takahashi  2001. All rights reserved.