鶴岡八幡宮の大イチョウ

神奈川県指定天然記念物
神奈川県鎌倉市鶴岡八幡宮

幹周    6.7m
樹高     20m
樹齢  伝承1000年

ある意味、日本で一番知られているイチョウの木かも知れない。
3代将軍源実朝が鶴岡八幡宮に参拝の際、イチョウに隠れていた別当(長官)の公暁に暗殺されてしまう。このことから「隠れイチョウ」の別称でも呼ばれることが多い。
このイチョウが1000年を経ているかと問われたなら、それははなはだ疑問だと言わざるを得ないだろう。この木は二代目で、実際に暗殺が行われた頃のイチョウは先代とするのが妥当と考えたい。
最近は八幡宮に台湾リスが多数住み着き、参拝客の話題をさらっている。イチョウにとっての影響は不明だが、自然界のバランスが崩れるのではないかと心配する向きも多い。

 


一覧にもどるHOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2002. All rights reserved.