千手のイチョウ

長野県指定天然記念物
長野県松本市入山辺
幹周    6.5m
樹高     30m
樹齢 推定500年 

古来より幹に垂れ下がる乳から、乳房イチョウとして親しまれてきていたが、最近になって樹勢の衰えが著しく、樹木医の手によって回復手術が行われたようである。
主幹は完全に切り落とされ、支幹が辛うじて生命をつないでいる状態で、かなり危険な状態にあるようだ。
この木の特徴だった根元に並ぶ多数の石仏も、木から離されて置かれ、心なしかもの寂しげな表情に見えた。

写真はベベパパ氏提供

 


一覧にもどるHOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2002. All rights reserved.