稲田禅坊のお葉つきイチョウ

茨城県指定天然記念物
茨城県笠間市稲田
幹周   7.5m
樹高    26m
樹齢 伝承800年

全国に数多いオハツキイチョウの中でも最大クラスに数えられる一本である。
伝承によると、親鸞が稲田に草庵を結んだ頃(1218)に植えられたと伝えられており、これから計算すると樹齢は約800年という事になる。
木の周囲には、かなり広範囲に柵を巡らせており、保護対策には力を入れているようである。
近年(2000年11月27日)笠間市指定天然記念物から県指定へと変更がなされた。


一覧にもどるHOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2002. All rights reserved.