生目神社のイチョウ

宮崎巨樹百選
宮崎県宮崎市生目(いきめ)

幹周  6.5m
樹高   34m
樹齢  300年

名前が名前だけに気になっている神社であった。
創建年代は不明とのことだが、平景清(たいらのかげきよ)が自らくり抜いた両眼を祭ったと伝えられ、古くから眼病の神様として厚く信仰されている神社である。
境内の片隅に立つイチョウの木は二本の合体木で、御神木として信仰されており、周囲を柵で囲まれ保護には力を入れているようだ。
まだまだ若々しい、活力みなぎるイチョウである。

 


一覧にもどるHOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2002. All rights reserved.