本国寺のオハツキイチョウ

国指定天然記念物
山梨県南巨摩郡身延町下山
幹周     5.0m
樹高      27m
樹齢  伝承700年

オハツキ銀杏の群生する身延町でもっとも著名なオハツキイチョウの一本。境内はいつも綺麗に掃き清められており、来る度に思うことなのだが、とても居心地がよく心が洗われるようだ。国指定の樹がありながら、これを観光の前面に持ち出していないのも好印象である。

イチョウはなかなかまとまった姿をしており、樹勢も良好。かなりの枝にオハツキの葉が見られ、発生率も全国で1,2を競うものであろう。大学の研究チームがこの木を調べている最中で、一部のオハツキの兆候がある葉に、紙袋などで受精しないように覆いをかけたりしてオハツキの謎を究明中だ。一刻も早くその結果が知りたいものだ。

本国寺の住職さんはとても親切な方で、運が良ければ境内を御案内していただける幸運にありつけるかも・・・

 


山梨県一覧一覧にもどるHOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2002. All rights reserved.