九六位のイチョウ




九六位のイチョウ

大分市指定天然記念物
昭和49年2月1日指定
大分県大分市九六位 円通寺

幹周    11.4m
樹高      28m
樹齢  伝承1380年

大分市から臼杵市へ抜ける県道の峠を九六位峠という。その頂上から脇道に逸れると、1400年もの歴史を持つ古刹円通寺へと導かれる。
参道の石段脇にある大イチョウは、雌株としては全国でも有数の大きさを持つものである。
傾斜地にあるためか、根元の土の流出が激しく根が露わになって迫力を感じさせる。樹形も怪鳥が翼を広げたような特徴あるもので、一目見たその時からお気に入りのイチョウとなってしまった。
付近はキャンプ場も整備され、大分市の眺望がきれいである。


大分県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.